スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
THE BOXER
ダニエル・デイ・ルイス主演

ダニエルデイルイスって役者が凄い!っていうのは世界中知ってるわけです

でも彼の作品を全部見ているわけじゃないし

ましてやこの映画のようにテーマが重かったりするとつい敬遠して仕舞いがちなわけです

アイルランド好き、国際スパイもの好きなのに

北アイルランドは避けて来ていました

IRA問題が複雑で凄惨で、深入りしたくなっかたからです


でもとても興味はあったので見ることにしました


この映画は1997年に公開されている

武装集団の活動が今よりも頻繁に行われていたように思う

女子どもに罪はない

その女子どもを守るため わが郷土を守るため

武装して戦い続けているのでしょうが

暴力では何も解決しません

それを自らの姿勢ダニー(ダニエルデイルイスの役)は示そうと決意したのです

ベルファストの一般市民が哀れで切なくなる作品だった
(・・・となるのがダニエルの凄いところなのよ)


この作品の結末は

新たな暴力殺害によって新しい平和な家庭が築かれるようです


報復があれば真の平和とはならないでしょうね


もう終わりにしましょうよ





スポンサーサイト
【2014/07/31 14:27 】
映画T | コメント(0) | トラックバック(0)
<<Jack Reacher(邦題アウトロー) | ホーム | 1年ぶり>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lavenderbluegreen.blog112.fc2.com/tb.php/125-708a2d2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。