スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
必殺!
そうです!年代がバレてしまうでしょうが、

時代劇 「必殺シリーズ」  です

ものすご~く 好きでした! 
残念ながら、すべての内容を理解できるような年齢になったら すぐ 終わってしまって・・・

「今回の撮影が最終シーズン」 との噂を聞き、思い余って、松竹に電話しちゃいました!
無謀な私でしたが その時のお返事は とても ていねいなものでした 
でも、
「藤田さんがやるとおっしゃらないかぎり、復活はないでしょうね。」
。。。それはもう がっかりしたものでございます

好きすぎて、ファン倶楽部にも入ってました。
  「必♪ファンクラブ・とら♪会」 
そのファン倶楽部は、京本政樹命とか そんなものではなく
しぶ~いおじさんたちが、旧作について語り合うという・・・

たっ たのしい 会誌 ありがとうございましたっ!!

今年7月に、特番のドラマで復活してましたねぇ
 数々のBGM聴いただけで、泣けてきちゃいました

どんなに 素晴らしい作品だったか ここでは 語りません

あっ でも 映像についてだけ。。。
光と闇という 日本家屋にみられる墨絵のような特徴ある陰影と
ほとばしる 鮮血 を 映像美にまで高め お茶の間に届けたこと
             でしょうか

当時のスタッフさんが元気なうちに 技術継承してほしいよ~




大島渚監督「御法度」で 監督が役者さんを決めたときの 基準
       「人を斬れる目をしているか」




。。。日本刀 実家の 床の間に 何本か・・・あります
スポンサーサイト
【2007/09/21 22:29 】
映像 | コメント(4) | トラックバック(3)
<<3軸加速度セ★サー | ホーム | Lavender blue>>
コメント
こんばんは、はじめまして。
金魚と申します。
○葉さんいわく、イニシャルトーク出来ないブロガーさんの所から飛んできました。(笑)
えりえりさんもブログを始められたという事で、「きゃ~!私も実は!!」今月から始めています・・・。
まだ初めて一週間にもならない超初心者の未熟ボケつっこみ愚痴ブログですが、よろしかったら是非いらして下さい。
今ですと、初めての訪問者の称号のおまけ付き!!!まだだ~れにもブログを始めた事を打ち明けておりませぬ(苦笑)
それでは、また寄らせて頂きます。(^_^)
私も必殺、好きでしたよ。
あの、セクシイな方々が出てましたよね!!
【2007/09/22 01:38】
| URL | 金魚 #-[ 編集] |
えりえりさん、おはようございます

俺も観てましたよ、必殺シリーズ!

子供の頃から日本刀に惹かれていた俺は時代劇大好き少年でした☆

必殺シリーズも大好きで欠かさずに観ておりました

音楽の授業中にテーマ曲のイントロをリコーダでよく吹いていたものです…




我が家にも先祖伝来の真剣がニ振り程あります
【2007/09/22 06:28】
| URL | もりあお #-[ 編集] |
あっ、金魚さん 来ていただけたんですね!

嬉しいです♪

金魚さんも ブログ始められていたんですね!

今なら、初コメゲトできるんですねっ、すぐお邪魔させていただきます~

必殺よ ふたたび!! です
【2007/09/22 11:13】
| URL | えりえり #1/UuL.6U[ 編集] |
もりあおさん、こんにちは!

♪ぱらら~ ぱら ら~ ら~ ら~ ぱらら~  ・・・えぇ、えぇ やりましたとも (涙
  
そうですよね、日本刀は、一振り、二振り・・・ですよねっ 迂闊っだった~
「カタナ」と呼ばれるものでは、日本刀が世界で一番美しいと私も思います

KAT@NA といえば スズキ・・・ あれは イケてました(話それてゴメンナサイ) 
【2007/09/22 12:08】
| URL | えりえり #1/UuL.6U[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lavenderbluegreen.blog112.fc2.com/tb.php/7-7f2cd2ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
必殺仕業人(上巻)
 第4話「あんたこの親子をどう思う」。加納屋をたたっきる主水のかっこよさ。カメラの切り替えしで目にも止まらぬスピード感。しびれます。もと二本差しの侍だったという金貸し加納屋も主水の仕掛けを油断大敵とばかりにただ斬られるのでは無く、主水の刀を抑え、脇差を 時代劇への思い【2007/09/28 00:22】
大島渚大島 渚(おおしま なぎさ、1932年3月31日 - )は、映画監督。京都市生まれ。京都市立洛陽高等学校(現・京都市立洛陽工業高等学校)卒業。大学在学中は京都府学連委員長を務め、1954年京都大学法学部を卒業後、松竹大船に入社。助監督を経て『青春残酷物語』『太陽の お待たせ!映画ファン「映画監督・評論家編」【2007/09/30 12:07】
新 必殺仕置人 (寅之巻)
これに付いて語る資格のない人間ですが、あえて書くとすれば「あんたらの言うとおりだ」。仕事人しか知らないファンでも十分たのしめる。私がそうだったので・・・全41話持ってて損なし!今作品は、陰が念仏の鉄の死ならば、この作品の真の表舞台は、中村主水なのでしょう 時代劇への思い【2007/10/08 21:14】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。