スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
アルジャーノンに花束を
この小説を読んだ人は、たぶん、誰しも、
知的障害から大天才を短い時間で経験することになります。
知的レベルの上昇とともに、理解できるようになった複雑な感情・・・
読後、私の場合はただ放心状態でして、、、泣きました。

喜びと哀しみとが入り混じった号泣でした。幸福について考えました。

そのとき以来、
この本に感動したえりえりは、プレゼントと称して、こっそり知人にこの本をすすめるのでした。
何冊あげたでしょうか?? たぶん 10人くらい?
実際、最初はわたしも、頂いたのですが。

この小説のような、日記形式の小説の特質は、「不連続性」だそうです。

現実には連続して起きている事実が存在するのに、小説(日記ブログもそうだけれど)は、
そこに、ただ「日付」と「今」が書かれている。

読者は当然、急激な変化に驚きますが、
それはごくごく書いた個人のもつ多面性の1部ではないかと私は思うのです。

今のお仕事にも関係しているのですが、人はみな、多面性があります。

知的障害者から天才まで変化することは、ふつうにはありえませんが、
多面性を受けとめられる人間でありたいと思ってます。

ごめんなさい、多面性のある私をゆる~く 見守って下さい。 
               のまちがいでした

  日本初版の表紙が 大好きだったんだよ~

algernon


原文をちょっとだけでもみて欲しいですぅ 訳者さん えらい!!
スポンサーサイト
【2007/09/24 01:22 】
読み物 | コメント(3) | トラックバック(0)
<<フレン*クルーラー | ホーム | 3軸加速度セ★サー>>
コメント
こんばんは
この小説大好きです。泣きたい時になぜか読みたくなります。何度読んでも、また同じ場面で泣いてしまうんですけど。
こういう外国の作品って訳者さんの力量が問われますよね。訳者さん次第で作品のイメージが大きく変わりますし。(今、ハリ○タ読んでいるんですけど日本語訳とのあまりの違いに・・・・・でして)

多面性ですか。たしかに人は善も悪も両極端を持つし、だからこそ愛しい生き物なのかもしれませんね・・・。うん、私もいろんな引き出しを持ち、物事を自分の物差しだけで見るつまらない人間にならないようにしよっと♪
【2007/09/24 19:13】
| URL | ねこまんま #d4bvHf0I[ 編集] |
こんばんは。
実を言うと、この小説読んだことがありません。なんか、表紙は見た事があるような気がするのですが・・・。
誰でも愛読書はありますよね、本当に良い本は何度でも読み返してしまいます。心の支えになっている本もあります。たかが本、されど本。作者の方が活字に込めた思いをちゃんと受け止められるか、否か。
千差万別ですよね、人間って。
そこが面白いんですけどね。
人間、やめられそうにもありません。(苦笑)
【2007/09/24 21:10】
| URL | 金魚 #-[ 編集] |
ねこまんまさん こんにちは♪

>泣きたい時になぜか読みたくなります。何度読んでも、また同じ場面で泣いてしまうんですけど。

魂に響きますよね、ありがとうございます。作者ではありませんが、そう思ってくださるだけでも嬉しいです。
後半ほとんど涙目で読んでしまうわたしには、ねこまんまさんの「同じ場面」が気になりますぅ。

>今、ハリ○タ読んでいるんですけど日本語訳とのあまりの違いに・・・・・でして

ハリポタ、いきましたかぁ・・・すごいですね!原文原作を先に読んでしまうともうダメですよね。そこで、自分の映画が1本できてしまいますから。
 ねこまんまさん、がんばれ~

>私もいろんな引き出しを持ち、物事を自分の物差しだけで見るつまらない人間にならないようにしよっと♪

仰るとおりです☆受け入れがたい事実や、共感できない感情をただスルーするだけでなく、ちゃんと消化していかないと。つまらない人間になることによって、ラクになったりするけど、それじゃ進歩しませんものね。
あっ、でも耳が痛いかも。。。



金魚さん こんにちは♪

>実を言うと、この小説読んだことがありません。なんか、表紙は見た事があるような気がするのですが・・・。

おそばにいらしたら、私に、こっそりプレゼントされちゃってたでしょう♪

>作者の方が活字に込めた思いをちゃんと受け止められるか、否か。

金魚さんの愛読書・・・きっといっぱいありそうですね。今度教えてくださいね。
私、作家さんの込めた思いと違う方向だったりしそうです。

>千差万別ですよね、人間って。そこが面白いんですけどね。人間、やめられそうにもありません。(苦笑)

これは来世があるということでしょうか?あっても、なくても人間ですね♪できれば不老不死・・・でも、それは、哀しいですよね。そうだ!今度のネタにしますぅ。
【2007/09/25 20:31】
| URL | えりえり #-[ 編集] |
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://lavenderbluegreen.blog112.fc2.com/tb.php/9-68a1a62c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。